パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

外耳炎

 

外耳炎は耳がたれている犬種がかかりやすい耳の病気ですが、パピヨンの中にもたれ耳の子がいるので、そういう場合は注意しておきたい病気の一つです。

 

外耳炎の原因は、真菌、寄生虫、細菌など色々ありますが、主な症状として、耳をかゆがったり、臭い匂いの耳垢がたまるなどがあります。

 

耳を引っ掻いたり、頭を振るようになるので、そういう場合は外耳炎を疑っていいかもしれません。

 

外耳炎はこじらせてしまうと、内耳炎や中耳炎にさせてしまう事もあるので、症状を確認したらしっかりと治療をしておきましょう。

 

再発もしやすいので、常に耳を清潔に保つように注意も必要です。

 

主な治療法としては、まず耳の中を清潔にすることから始めます。

 

炎症が酷い場合には、抗生物質や抗真菌剤などを使って炎症を抑える治療もしていきます。

 

この時、耳垢を取り除いてあげる必要があるのですが、無理に綿棒などで取ろうとすると、かえって耳垢を奥に押し込んでしまう場合もあるので、耳掃除の仕方にも注意が必要です。

 

自分でできそうにない時には、動物病院で耳掃除をしてもらい、その時にやり方を教えてもらうといいですね。

 

効果的なのは、耳の洗浄液を使う方法です。

 

耳の中に専用の洗浄液をたらし、軽くなじませます。

 

こうすると耳垢が浮いてきます。

 

耳の中に液体が入るので、犬は頭を振って液体を出そうとしますね。

 

この時に、浮いた耳垢が飛び出してくるので、綿棒で無理に取るよりも確実で安全な方法になります。

 

ただし、耳垢が部屋の中の飛び散るので、周りを汚れてもいいようにしておきましょう。