パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

進行性綱膜萎縮症

 

進行性綱膜萎縮症は、目の網膜が委縮してしまう病気です。

 

目の網膜が少しずつ委縮していき、最終的には失明してしまいます。

 

進行性綱膜萎縮症の犬を繁殖に使うと、高い確率で仔犬にも遺伝しますので、繁殖する時にはしっかりと病気なども確認しておくことが必要になります。

 

現段階では治療法が確立されていないため、進行性綱膜萎縮症になったら、いつかは失明すると覚えておきましょう。

 

ただし、この病気はゆっくりと進行するので、犬もある程度見えないなりに順応することが出来と言われています。

 

特に外見上からは見分けにくいこともあり、飼い主さんもかなり症状が進行してからでないと、気づかない場合も多いようです。

 

夕方になると急に不安そうにしたり、夜の散歩を嫌がるようになったり、薄暗い場所でよく物にぶつかったり、つまずいたりする、なんて時には、実は進行性綱膜萎縮症だったという事もあるようですね。

 

進行性綱膜萎縮症になってしまえば、いつかは失明してしまいますが、それまでの間に犬と一緒に飼い主さんも心の準備ができますので、できるだけ犬にストレスや不安を与えないような環境を作ってあげましょう。

 

住み慣れた室内なら、ある程度家具の配置などは、目が見えなくなっても体が覚えているので、家具の配置を変えない様にしたり、床に障害物になるようなものを置かないなどの配慮もしてあげたいですね。