パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

乳歯遺残症

 

乳歯遺残症は病名を見た時に、なんとなく想像ができると思いますが、乳歯が抜けずに残ってしまう病気です。

 

小型犬に多い病気ですし、パピヨンもかかる場合があるので、よく覚えておくといいでしょう。

 

歯は、最初に乳歯が生えてきて、成長とともに、乳歯が抜け落ち、永久歯が生えてくるのが普通です。

 

犬も生後3ヶ月くらいから乳歯が生え始めます。

 

母犬と一緒に暮らしている場合は、いつまでも母犬のお乳を飲みたがりますが、歯が生えてくると噛まれて痛いので、母犬もお乳をあげるのを嫌がるようになるのが、ちょうど乳歯が生え始める頃になります。

 

体も大きくなってきて、成犬になる少し前の7ヶ月前後になると、乳歯がグラグラして抜け始めます。

 

そして、いよいよ永久歯が生えてくるのですが、乳歯遺残症の場合は、永久歯が生えてきているにも関わらず、乳歯が抜け落ちずに残っています。

 

この場合、乳歯がぐらついているのであれば、まだいいのですが、頑丈に生え残っている場合もあります。

 

本来であれば、永久歯が生えているはずの場所に乳歯が残っているため、永久歯が曲がって生えてしまう事もあります。

 

こうなってしまうと、噛み合わせも悪くなりますし、歯石もたまりやすくなります。

 

生え方によっては、痛みを感じることもあるので、乳歯遺残症の場合は、できるだけ早く乳歯を抜いてあげることが大切になります。