パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

喧嘩の時の対処法

 

多頭飼いをしていると、普段はとても仲がいい犬同士でも、ちょっとしたことで喧嘩をすることがあります。

 

我が家の場合も、これでかなり悩んだ時期がありました。

 

3頭のうち、2頭は兄妹犬なのですが、もう1頭は、血のつながりがありません。

 

仔犬の頃から兄妹のように過ごして、大切にしてきたつもりなのですが、ふと気付くと、兄妹犬はいつも寄り添って寝ているのに、1頭だけ他の離れた場所で寝ていたりするのです。

 

兄犬は性格もおっとりしていて、いつも妹のそばにいて、妹に守られているようにも見えたりします。

 

どうしてもメスは気が強い傾向にあるようなので、喧嘩をするのはメス同士なのです。

 

たまに近くでくっついて寝ていることもあるのですが、目が覚めた途端、1頭が唸り出し噛みあいの喧嘩をすることがありました。

 

最初は下手に手を出さない方がいいかとも思ったのですが、流血してしまうほど酷い喧嘩になることもあるので、そういう場合は、喧嘩になりそうな気配の時には、お互いを別々のサークルに入れておきます。

 

何度か喧嘩になっていますが、なんとなく喧嘩をする時には気配を感じるので、叱るとおさまる場合もあったりします。

 

一時期真剣に悩み、レメディを試してみたりもしましたが、1頭には効果があったのですが、もう1頭にはまるで効果がなく、今は私が常に注意をし、できるだけ喧嘩になるような状況を作らないようにすることで何とか対処しています。

 

喧嘩になった場合は、両方を叱りますが体罰は与えません。

 

言葉で叱り、サークルの中で落ち着かせます。

 

喧嘩の時の対処法として、喧嘩の度合いにもよりますが、本気で噛みあっている時にうっかり手を出して止めようとすると、噛まれて怪我をすることもあるので、止める時にも注意してください。

 

自分では手に負えなくなった場合には、ドッグトレーナーに相談してみるのも、一つの対処法だと思います。