パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの成長の目安

 

パピヨンは、とても特徴のある毛をしていますね。

 

とても優雅に見えることから、中世のヨーロッパ貴族に愛されていたというのも納得できる気がします。

 

その特徴でもある毛も成長とともに少しずつ変化していくので、その変化を成長の目安にしてもいいかもしれません。

 

ただし、これも個体差があるので、あくまでも目安の一つにすぎません。

 

仔犬の時は、とにかくコロコロで毛もフワフワしています。

 

だいたい3ヶ月頃までは、仔犬らしいやわらかい毛でおおわれています。

 

でも、このフワフワの毛も4ヶ月以降になると、徐々に抜け始め、大人の毛へと変化していきます。

 

完全に大人の毛になるまでには、ちょっと時間がかかる場合もあります。

 

大抵は、1歳頃までにキレイに生えそろうのですが、中には、2歳、3歳になるまでかかる子もいますので、焦らず気長に待ちましょう。

 

仔犬の毛が抜け始める頃、生後6ヶ月〜1歳になるまでは、体も成長して大きくなってきます。

 

どの犬もそうなのですが、ちょうど6ヶ月〜1歳になるまでの間は、毛の長さも体もどれも中途半端で、ちょっと“おまぬけ”な感じがします。

 

これもまた、この時にしか見ることができない姿なんですけどね(笑)

 

成犬になる少し前の、8ヶ月頃になると、なんとなくパピヨンの形ができ始めます。

 

こんな風に、毛の伸び方や状態でもある程度、成長の目安になるので、参考にしてみて下さいね。