パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

多頭飼いと性別の関係

 

多頭飼いをする時に、一番悩むのが性別ですね。

 

私も多頭飼いをしていますが、最初は1頭でいいと思っていたんです。

 

でも、家で産まれてこの手で取り上げた子たちがあまりにも可愛くて、手放せなくなってしまい家族として暮らしていくことにしました。

 

最初は何とかなるだろうと、考えも甘く、後になって多頭飼いと性別の関係を思い知りました。

 

兄妹犬なので、仔犬を産ませたり、交配させるつもりは最初からなかったのですが、どうしても成長とともにオスとメスという部分が出てくるようになります。

 

人間は兄妹犬なのだからと思っていても、犬はやはり本能で妹だろうが兄だろうが、メスに生理が来た時には、異常なほど追いかけ回そうとします。

 

別々のサークルに入れてみたものの、とても辛そうに鳴くのをみて、去勢手術を選択しました。

 

我が家の場合は、兄妹犬だったので最初からいつかは手術をと思っていましたが、仔犬を産ませようと考えて、オスとメスを飼う時には、遺伝性の病気がないかなど、よく調べておくことも必要になります。

 

仔犬を産ませるつもりがない、または何らかの遺伝性の病気を持っているので繁殖には向かないなら、できるだけ早いうちに去勢手術と避妊手術を考えた方がいいかもしれません。

 

無理に手術をする必要はないと思う人もいると思いますが、将来的な病気予防にもなるので、性別が違う子の多頭飼いをする時には、よく考えてから決めてみてくださいね。