パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

小型犬と中大型犬の多頭飼い

 

小型犬と中大型犬の多頭飼いの組み合わせは、意外と多い組み合わせかもしれませんね。

 

体格が違う事もありますが、性格などその犬種が持つ個性もあるので、その点に注意すれば楽しく暮らしていけると思います。

 

犬には犬同士に任せておいた方がいい場合などもあるので、飼い主さんが変に神経質にならない方がいいかもしれません。

 

実際、小型犬と中大型犬の多頭飼いをしている人の話を聞いたことがありますが、体格の大きい犬の方が小さい犬を気遣うようなこともあるそうです。

 

体の大きさが違うというだけで、基本的には多頭飼いをする時のポイントなどは同じなのではないかと思います。

 

まずは、先住犬のしつけをしっかりとしておくことですね。

 

それさえしっかりとしておけば、2頭目は先住犬を真似して色々なことを覚えてくれるので、しつけに関しては大変なのは最初だけだった気がします。

 

ただし、悪いことも全てそっくり真似をしてくれるので、いたずらや、無駄吠えなどのしつけもしっかりしておく方がいいと思います(笑)

 

中型犬の方がどうしても、体格も大きく噛む力も強くなるので、喧嘩にならないよう、常に皆平等に接することもポイントとして頭に入れておきましょう。

 

あとは、小型犬には小型犬用、中型犬には中型犬用のドッグフードを選んであげたいですね。

 

年齢に応じてドッグフードの種類なども考えてあげてください。