パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

異犬種の多頭飼い

 

異犬種の多頭飼いについては、色々なパターンがありますね。

 

異犬種でも小型犬だけの場合もあれば、小型犬と大型犬、小型犬と中型犬など体格も違う犬を多頭飼いする場合があるからです。

 

多頭飼いの基本はみな同じだと思いますが、やはり体格が違ってくると、それなりに飼い主さんが注意しなければいけない部分は出てくると思います。

 

小型犬の異犬種の多頭飼いの場合には、ある程度自分で面倒をみられる範囲を越えなければ何とかなるものです。

 

飼い主さんが思っているよりも、犬は犬同士で色々なことを学び決めていくので、神経質にならず、見守る方がいい場合もあります。

 

意外と多いのが、大型犬とパピヨンのような小型犬の組み合わせですね。

 

犬の性格にもよると思いますが、大抵の場合は大型犬はのんびりとしていて、穏やかな性格の子が多い気がします。

 

私の友人も大型犬と小型犬の異犬種の多頭飼いをしていますが、先住犬であるはずの大型犬より、後から来た小型犬の方が上になってしまっているようなのですが、大型犬の持ち前のゆったりさで、意外と上手くいっているようなのです。

 

ただし、遊ぶ時に大型犬は悪気はなくても、楽しくてつい興奮して体当たりしただけでも、小型犬にとっては怪我をしてしまう場合などもあるので、体格差がある場合には、注意も必要になってきますね。

 

ドッグフードの種類も体格に合わせて選んであげる必要も出てくると思います。

 

多頭飼いの基本は同じですが、体格に合わせて食事や運動も考えてあげることが大切ですね。