パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

同犬種の多頭飼い

 

同犬種の多頭飼いについては、性別なども関係してきますが、比較的多いのではないかと思います。

 

まず犬種を決める時は、あるい程度飼い主さんの好みで決まる場合がありますよね。

 

パピヨンを飼ってみたいと思い、飼い始めてみて、1頭じゃ寂しいからもう1頭飼おうと思ったり、お嫁さんやお婿さんが欲しくて飼い、家族が増えそのまま皆一緒に暮らすなんて場合もあるでしょう。

 

犬同士の相性さえ極端に悪くなければ、同犬種の多頭飼いもそれほど大変に感じることはないと思います。

 

ただし、性別が違う場合には、交配については十分に考え、調べたうえで決めてほしいと思います。

 

同犬種の多頭飼いの場合は、同じ犬種でも個性があることを、毎日の生活の中で自然と学ぶことができるので、飼い主さんも色々な発見ができると思います。

 

私も多頭飼いをしていますが、犬同士で学び、ともに成長してくれるので、思っていたよりも気構えせず、皆が自然体でいられる気がしています。

 

先住犬がある程度の年齢になっていても、後から迎える子が仔犬ならば、慣れるまでそれほど時間はかかりませんし、自然と上下関係のようなものもできてきます。

 

あとは飼い主さんが、先住犬を優先させ家に来た順番で接して行くようにすれば、犬も自然とそれを見て自分の立場を理解していきます。

 

皆同じように接し、1頭だけを特別扱いするような事をしなければ、案外問題なく行くと思います。

 

同犬種の場合は、ドッグフードも同じものを食べさせればいいので、あとは年齢に応じて年齢に合った種類に変えて行くようにしています。