パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの拾い食いのしつけ

 

まず最初に室内で拾い食いできない環境作りを徹底しておきましょう。

 

仔犬は、特に目の前に何か落ちていたら必ず興味を持ち、匂いを嗅ぎ口に入れてそれが何であるかを確認します。

 

食べられるものなら、当然そのまま食べてしまいます。

 

食べられないものだとわかれば吐き出す子もいますが、誤って誤飲してしまう事も考えられます。

 

この場合、思わぬ事故につながることもあるので、拾い食いのしつけに関しては、室内を整理整頓して、床に物が落ちていない環境を作ることが大切です。

 

犬も仔犬の頃からの習慣が身に着きますので、飼い主さんも注意しておきましょう。

 

家の中で拾い食いができない状態にしておけば、散歩に行った時も、やたらと拾い食いをすることもないと思います。

 

もちろん、何か落ちていれば最初は興味を持ちますので、散歩中も常に注意しておくことが大切ですね。

 

落ちているものに興味を持った時は、リードを一瞬強めに引き、「イケナイ!」、「ダメ!」などとコマンドを出し、それをしてはイケナイと覚えさせていきましょう。

 

もしも室内で床に何か置いてある時、犬のおもちゃならば問題ありませんが、小さなボタンや電池だった場合、誤って誤飲してしまうと気管に詰まり、窒息してしまう可能性も考えられます。

 

小さい布の切れはしでも、腸まで届けば腸閉塞を起こしてしまう事もあります。

 

おもちゃは遊んでもいいけど、他の物はダメと言ったところで犬にはそれが理解できませんし、区別もできません。

 

拾い食いを出来る環境を作らないという事が、一番大切なことと覚えておきましょう。