パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンのマウンティングのしつけ

 

多頭飼いの場合と1頭だけの場合で変わってきますが、マウンティング自体は犬の習性なので、それをまず理解することですね。

 

多頭飼いの場合は、先住犬が後から来た犬に自分の立場を理解させる意味で、マウンティングをする場合があります。

 

オス同士、メス同士でもするので、それほどしつこく追い回したりしない限り、最初はそのまま見守ることも大切になります。

 

ここで、飼い主さんが割って入り、無理にやめさせようとしてしまうと、犬同士の上下関係が成り立たず、先住犬の立場がなくなってしまうので、見守ることも必要と理解してあげましょう。

 

大抵の場合は放っておいても特に問題はないと思いますが、あまり酷く追いかけ回したりするような時には、タイミングを見ながらやめさせてもいいでしょう。

 

1頭だけの場合は、人に対してマウンティングをしたらすぐに止めさせて下さい。

 

これは、自分の方が上なのだと勘違いさせてしまう原因になるので、人に対してマウンティングをしたら、すぐにやめさせましょう。

 

大抵の場合は、飼い主さんではなく、子供に対してマウンティングをすることが多いですね。

 

飼い主さんに対しては、自分より上だと理解しても、子どもに対しては自分の方が上なのだと順序づけることもよくあるので、犬が勘違いする前にやめさせるようにしましょう。

 

子供だけでは上手にできないので、飼い主さんが一緒になって、イケナイと声をかけながらやめさせるようにするといいと思います。