パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンのハウスのしつけ

 

犬にも自分の居場所を作ってあげることが必要です。

 

それがハウスになるので、まずは犬が落ち着ける環境にハウスを作ってあげましょう。

 

大抵の場合はサークルを使うと思いますので、室内のスペースに合わせてそれに合うものを用意してください。

 

サークルの中にベッドを置いてもいいですし、ドーム型のハウスを置いてあげてもいいですね。

 

まずは犬が安らげて安心できる環境を考えてあげましょう。

 

仔犬のうちは、新しい環境に慣れるまで、サークルの中で過ごさせますので、この時にハウスを決め覚えるようにしつけていくと、ハウスのしつけもしやすいと思います。

 

最初はそのままで、環境に慣れてきたら少しずつ外に出し、ハウス以外で過ごす時間も作ってあげましょう。

 

ハウスに戻す時には、ハウスと声をかけていくようにします。

 

最初は抱っこして連れて行ってもいいですね。

 

次第に自分でハウスの中に入るように誘導し、徐々に距離を伸ばし覚えさせていくとわかりやすいのでオススメです。

 

「ハウス!」と言って、ちゃんと自分でハウスに入れた時には、思いきり褒めてあげましょう。

 

ハウスができれば褒めてもらえると覚えれば、一言「ハウス!」と言っただけで、自分からハウスをするようになってきます。

 

しつけをする時には、ある程度手助けをして誘導も必要ですが、できた時にすかさず褒めることも大切なことになりますので、覚えておいてくださいね。