パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの甘噛みのしつけ

 

仔犬の頃は、悪気はなくても犬の習性として物を確認するために、口に入れたり噛んでみたりすることがあります。

 

飼い主さんと遊んだり、飼い主さんに甘えようとしている時に、つい甘噛みをしてしまう事があります。

 

この時、仔犬だから仕方ないとそのままにしておくと、人を噛んでもいいと思いこんでしまう事があるので、どんな場合でも絶対に人を噛んではいけないという事を仔犬のうちに徹底しておくことが大切になります。

 

まず、遊びの延長や甘えて噛もうとしてきた時に、少し大きな声を出してみてください。

 

「痛い!」、「ダメ!」なんでもいいのですが、できるだけ短くわかりやすい言葉がいいですね。

 

大きな声を出すことで、犬が驚いて一瞬噛むのを止めます。

 

これを甘噛みをするたびに繰り返して行くと、噛もうとすると嫌なことがある(飼い主さんが大きな声を出すことなど)、と学習するので自然と甘噛みもなくなってきます。

 

それでも噛もうとして来た時には、軽くマズルを押さえて「イケナイ!」と犬の目をみて言ってみてください。

 

甘噛みをすると嫌なことがあるので、自然と噛まなくなってくるはずです。

 

我が家の犬たちも、仔犬の頃はどうしても甘えたり、遊んだりする時に甘噛みをしましたが、その時にこの方法で自然と甘噛みをやめるようになりました。

 

今では、わざと口の中に手を入れても、絶対に噛みませんし、「そんなことしないで!」と困ったような顔で訴えてきます(笑)

 

パピヨンの甘噛みのしつけは、仔犬のうちに徹底しておきましょう。