パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの留守番のしつけ

 

家の中で犬と一緒に生活をしていくとしても、どうしても外出しなければいけない場合も出てきますね。

 

いつも犬を一緒に連れて行けるとは限りませんので、犬にお留守番をしてもらわないといけなくなります。

 

しつけの中で、お留守番のしつけというのもありますね。

 

こればかりは慣れてもらうしかないので、色々な意味で難しいしつけでもあります。

 

1軒家の場合は少しくらい鳴いてもなんとかなりますが、集合住宅のような隣と密接している住宅環境の場合には、一言お隣さんに声をかけておくことも必要になるかもしれません。

 

上手にお留守番ができるようにするためには、飼い主さんも少し工夫をしてみましょう。

 

例えば、お留守番の間は、トイレが完璧にできるのであれば、室内で自由にさせておくこともできますね。

 

まだ、トイレが完璧じゃなかったり、いたずらされるのが心配ならば、サークルやハウスの中でお留守番をしてもらう事になります。

 

この時、お留守番の間、いかに寂しがらずに一人でいることができるかを考えて、お留守番のためのグッズなどを使うのもいいと思います。

 

デンタルコングといって、特殊なラバー製の中が空洞になっているグッズがあります。

 

 

この中に犬が大好きなドッグフードや、おやつをギュウギュウ詰めにしておくのです。

 

簡単には中身を取り出せないので、犬は必死に何とかして中身を取り出して食べようとあれこれ考えて、夢中になってくれます。

 

その間は寂しさも忘れて夢中になれるので、中身を食べた後は疲れて寝てしまう子もいます。

 

デンタルコングは、お留守番グッズとしても、とても人気のあるものなので、試してみるのもいいと思いますよ。