パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

しつけの基本は「お座り」・「伏せ」・「待て」

 

犬のしつけについては、飼い主さんの考え方もありますが、私は「お座り」、「伏せ」、「待て」の3種類のしつけしかしていません。

 

犬と一緒に生活をしていく上で必要なのは、「お座り」、「伏せ」、「待て」だけで十分だと思います。

 

他のしつけというか芸を教えたいなら、基本的なこの3種類ができてからでいいと思います。

 

この3種類の基本的な躾ができていれば、犬が興奮してしまった時などにも、指示を出すことで落ち着かせることができたりと、色々な応用もできますので、最初にまずこの3種類のしつけをしておくのがべストだと思います。

 

まず、一番やりやすい方法として、食事の時間を利用するといいと思います。

 

おやつをご褒美にして教える方法もありますが、これをしてしまうとおやつがないと言う事を聞かなくなってしまう事もあるので、食事の時間を利用するのがオススメです。

 

私の場合、順番はお座り、待て、伏せの順にしていきましたが、これは飼い主さんがやりやすい順番でいいと思います。

 

お座りをさせる時には、食事の時に食器を少し高めの位置に上げ、犬が上を向くようにしていきます。

 

顔が上を向くと自然にお座りの姿勢になってくれるので、タイミングを見計らい「お座り!」と声をかけて行きましょう。

 

何度か繰り返していくと、お座りができるようになるので、一つできるようになったら、次のステップに進んで行くようにしましょう。

 

「伏せ!」はお座りの応用で、少し前足を引き伏せの姿勢になるように誘導してあげるとやりやすいですね。

 

「待て!」の時、最初はそのままでは無理な場合は、手を犬の顔の前に出し「待て!」と言い、静止する時間を少しずつ長くしていくといいですね。