パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

鳴いても完全に無視する

 

犬は言葉を話すことができないので、吠えることで相手に意思を伝えようとします。

 

・お腹が空いた
・抱っこして
・遊ぼうよ
・散歩に行こう

 

このような要求を満たすために吠える場合もあります。

 

警戒心が強い場合は、来客に警戒し、飼い主を守ろうとして吠える場合もあります。

 

犬が吠えるにも、それなりに理由があるのです。

 

ただし、吠える度にいちいち飼い主さんが反応していると、犬は吠えれば要求が通る、飼い主さんがかまってくれるのだと学習してしまうので、何かある度に吠えるようになります。

 

これは犬が優位に立ってしまい、自分をリーダーだと思いこんでしまう事にもなるので、改善が必要ですね。

 

まずは、犬がどんなに鳴いても、完全に無視するしか方法はありません。

 

犬が優位に立っていると、鳴けば何とかなると思っているので、そう簡単に諦めないため、飼い主さんも相当忍耐力を必要とします。

 

最終的には根競べ、我慢大会ようになってしまいますが、無駄吠えが多い場合は無視するのが一番効果的なのです。

 

犬は叱られるよりも、飼い主さんに無視される方が辛いと言われています。

 

まずは、鳴いても要求は通らないという事、鳴いてもいいことは何もないんだとういう事を理解させていきましょう。

 

鳴かずにいる時には、遊んであげてもいいですし、抱っこしてあげてもいいでしょう。

 

でも、鳴き出したらすぐにそれを止めて無視をします。

 

かなり根気が必要になりますが、無視するのが一番なので、諦めず頑張ってみて下さい。