パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの平均寿命

 

パピヨンの平均寿命についても個体差があるので、必ずしもこの限りではありませんが、一応12歳〜15歳と言われています。

 

13歳〜15歳としているところもあるようですね。

 

今は、昔に比べてドッグフードの質もよくなってきていますし、動物病院も設備の整ったところが増えてきているので、健康管理をしっかりとしておけば、平均寿命よりも長生きできるでしょう。

 

私の友人が飼っていたパピヨンは、18歳まで頑張っていましたからね!

 

犬も、人間と同じようにある程度の期間が経過したら、健康診断を受けるといいと思います。

 

風邪だって長引けばこじらせてしまいます。

 

どんな病気も、早期発見・早期治療が大切ですね。

 

大切なパートナーであり、家族の一員であればなおさらです。

 

定期的な健康診断が、長生きの秘訣といっても、いいかもしれません。

 

今は昔に比べて、ドッグフードの質もかなり良くなってきています。

 

成長とともに、年齢に合ったドッグフードに切り替えていくことも、長生きの秘訣です。

 

できることなら、病気や事故に合わず、本来の寿命をまっとうさせてあげたいものですね。

 

ちょっとした、普段の気遣いや、心がけで健康で長生きできるとしたら、その努力を惜しまずできることなら何でもしてあげたいと思っています。

 

あなたも、無理のない範囲で愛犬の健康管理をしっかりとしていって下さいね。