パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

犬の近くで叱らない

 

犬を叱る時は、叱る方も叱られる方も、あまり良い気持ちはしませんね。

 

犬の近くで叱らないとうのは、なんだか難しい事のようにも思えてしまいます。

 

大きな声で叱る、マズルをつかむ、静止させる、など叱る時には犬の近くにいなければできないこともありますので、これは時と場合にもよると思います。

 

例えば、無駄吠えのしつけをしている場合に、犬が吠えた時、飼い主さんが犬が吠えるよりもさらに大きな声で叱ったとしましょう。

 

飼い主さんは、叱っているつもりでも、犬は飼い主さんが一緒になって吠え、応援してくれていると勘違いしてしまうんだそうです。

 

こういう時には、犬から少し離れて、空き缶に小石やビー玉を入れたものを投げて、その音に犬が驚きやめさせるという、天罰方式というのがあります。

 

飼い主さんが犬の近くで叱らずに済むので、犬は飼い主さんがしていると気づかず、効果があると言われています。

 

また、スプレーを噴射したり、振動を与える首輪などもありますね。

 

これも無駄吠えをした時に、飼い主さんが犬の近くで叱らないので、犬は戸惑いつつも振動などの刺激で吠えるのをやめるようになっていきます。

 

もしも、いちいち飼い主さんが近くまで来て叱っていたら、遊ぼうとして近づいても、犬は「飼い主さんが近づいてくる=叱られる」というように反応してしまうようになってしまうかもしれません。

 

これでは、犬との間に信頼関係も築くことができなくなってしまいますね。

 

叱る時には、時と場合によって方法を考える必要もあります。