パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

叱るタイミングを間違わない

 

しつけをしていく上で、叱らなければいけない場合も出てきます。

 

その時に大切なのは、叱るタイミングです。

 

現行犯でその場で叱ることが、何より大切になるので覚えておきましょう。

 

私たちの場合は、犬がいたずらをしたり、トイレを失敗したのをだいぶ時間が経ってからも覚えていますが、犬はそれをずっと覚えていることができないのです。

 

なんとなくやましい心当たりがあると、それに気づいた時に、バツの悪そうな顔をしている子もいますが、大抵は忘れてしまっていると思っておきましょう。

 

なので、すぐに叱ることができずに、後になってからそのことを叱っても、犬にはなぜ叱られているのかを理解することができないのです。

 

飼い主さんが、思い出した時に叱ったとしましょう。

 

犬はその直前にしていたことを叱られているのだと誤解してしまいます。

 

例えば、遊んでもいいはずの自分のおもちゃで遊んでいたとしたら、遊ぶと叱られると誤解して、おもちゃで遊ばなくなってしまうかもしれません。

 

ハウスでお利口に寝ていただけなのに、その後に叱られたら、「ハウスで寝ていたことを叱られたの?」と混乱させてしまう事にもなりかねませんね。

 

後になって気付いた場合は、叱らずにじっと我慢するしかありません。

 

基本的に叱る時は、その場ですぐに叱ることがポイントです。