パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

叱り方を覚える

 

基本的に、しつけは褒めて伸ばすことが一番良いと思っています。

 

でも、時には叱ることも必要な場面が出てきます。

 

叱るというと、あなたはどんなイメージを思い浮かべますか?

 

大きな声で怒鳴る、叩く、お説教する・・・などなど色々あると思います。

 

でも犬にこれをしたところで、結果的に信頼関係をも失ってしまう事になりかねないので、叱り方があるという事を覚えておきましょう。

 

叱る時というのは、やってはイケナイことをした時に叱りますね。

 

犬の性格にもよりますが、大抵の場合は大きな声で「ダメ・NO・イケナイ」などと言えば、一瞬ひるみますので、その時にしてはイケナイ事をやめるはずです。

 

例えば、人の手や足を甘噛みしてしまった時などに、大きな声で叱ってみましょう。

 

この時、ダラダラと叱るのではなく、一言、コマンドを出すだけでOKです。

 

それでもやめない場合は、軽くマズルを押さえてイケナイと、犬の目を見て叱ってみましょう。

 

人の手や足を噛んでしまうと、嫌なことがある(マズルを押さえられる)と学習していきます。

 

一度では覚えない場合もありますが、何度か繰り返せば噛まなくなってきます。

 

叱るというイメージとは少し違うかもしれませんが、これだけでも十分効果がありますので、叩いたりしなくても大丈夫なのです。

 

犬のしつけをするうえで、叱り方を覚えておくのも飼い主さんにとって大切なことですね。