パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

褒めながらしつける

 

私は多頭飼いをしていますが、犬のしつけは色々試して、考え悩んだこともありましたが、最終的に辿り着いた答えが、「褒めながらしつける」でした。

 

しつけで一番大変なトイレを失敗した時に、叱ったこともありましたが、これは今考えると一番やってはいけない事だったと思い、反省しています。

 

場合によっては、タイミングよく叱ることも必要になることもあります。

 

でも、基本は褒めながらしつける方が上手く行くと思います。

 

自分に置き換えて考えた時、叱られて、叱られてみじめな思いをするより、上手にできた時、頑張って成果を出した時に褒められた方が、やる気もでますし、意欲的にもなります。

 

犬もこれと同じなんですね。

 

叱っている時は、飼い主さんもいい気もちはしないはずですし、犬も同じはずです。

 

でも褒めている時は、飼い主さんだって嬉しいし、犬も嬉しいと思っているはずです。

 

だけど、最初から何もかも上手くは行かないものです。

 

なので、私が失敗もしながら学んだことは、失敗することを前提に考え、その対策をとっておくという事でした。

 

例えば、トイレの場合は、失敗してもいいように、広めに防水シートを敷き、ペットシーツもワイドサイズの上に、レギュラーサイズを敷いておくのです。

 

失敗して当たり前、くらいに思っておくと、成功した時は心から嬉しい、上手にしてくれてありがとう、と思えるようになります。

 

こういう気持ちの変化が犬にも伝わったのでしょうか?

 

叱ることをやめて、できた時に褒めるようにしてから、トイレの失敗も目に見えて減ってきて、今では完璧にトイレができるようになりました。

 

褒めながらしつけることを是非、実践してみてください。