パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

アイコンタクトを使う

 

アイコンタクトをすると言われても、初めての時は何をどうしたらいいかわからず困ってしまうのもです。

 

でも、あまり難しく考える必要はありません。

 

まず、犬の名前を呼んでみてください。

 

犬が何かをしている時でも振り向き、あなたと目が合えば、アイコンタクトがとれたという事になります。

 

この時、ちゃんとコチラを見たら、すかさず褒めてあげることも忘れないようにしましょう。

 

アイコンタクトも何度か繰り返して、覚えていく事になりますが、この時におやつを使うという方法もあります。

 

しかし、ご褒美がおやつになってしまうと、おやつがないと言うことを聞かなかったりするようになるので、私は、おやつを一切使わずに、思いっきり褒めることをご褒美としてきました。

 

しかし、中には褒めるだけでは物足りないと思う場合もあると思うので、犬の性格なども考えながら変えていくといいと思います。

 

アイコンタクトも少しずつステップアップしていくといいですね。

 

最初は室内で名前を呼ぶ、次はおもちゃなどで遊んでいる時に名前を呼ぶ、散歩の途中に名前を呼ぶ、など犬にとって誘惑や魅力的なものを少しずつ増やして行きましょう。

 

最初は上手く行かない場合もありますが、根気よく繰り返していけば出来るようになってきます。

 

焦らず、マイペースでアイコンタクトが使えるようにしていきましょう。