パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

服従訓練をする

 

これから犬と暮らしていくためには、きちんとしたしつけも必要になります。

 

その中の一つが服従訓練です。

 

服従というと、ちょっと抵抗があると思う人もいるかもしれませんが、要するに家族(群れ)のリーダーが誰であるかを理解させるための方法と思うと、抵抗なくしつけもできるかもしれませんね。

 

まず、犬は家族を群れとして考える習性があります。

 

まずは飼い主がリーダーであると、学習させるという事ですね。

 

例えば、遊んでいる時、スキンシップをとっている時にも、服従訓練ができるのです。

 

飼い主さんが犬を抱きかかえる時、膝をついて座り、犬を後ろから抱きかかえてみてください。

 

マウンティングという行為がありますが、これは犬が自分より立場が下の者に対し、コチラの方が優位であると示す行為です。

 

この時、相手の後ろに回り相手に乗るような姿勢になりますね。

 

もしも、犬が自分の方が立場が上と勘違いしている場合、嫌がって暴れようとすることもあります。

 

その時には、軽くマズルを押さえて静止するまで待ちます。

 

この時、暴れるからと手を離してしまうと、暴れれば逃げられると学習してしまうので、犬が静止するまで待ちます。

 

これができるようになったら、耳や、マズル、腿の内側や脇を触りながら、最終的に仰向けに寝かせる練習をします。

 

お腹を見せるのは、服従のポーズといいますね。

 

これができるようになっていれば、服従訓練も上手くいっていることになります。

 

「服従訓練=飼い主さんとの信頼関係を築く」という事でもあるのです。