パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

体を触らせるのに慣れさせる

 

体を触らせるのに慣れさせることは、しつけを始める前の大切なステップになります。

 

まず、仔犬の時からスキンシップを兼ねて、体全体を触って行きましょう。

 

これに関しては、慣れしかないので、常に触ってあげて慣れさせることが大切です。

 

人間でもそうですよね?

 

子供の頃からの習慣は変えようと思っても身にしみついているので、なかなか変えることができません。

 

犬も同じで、仔犬の時からの習慣をつけてあげることが大切になります。

 

犬は触られるのが大好きですが、腿の内側や、脇、耳、尻尾など触られるのを嫌がる部分もあります。

 

触られる習慣が付いていないと、誰かが不意に触ろうとしたり、動物病院で診察を受ける時など、嫌がって暴れたり、怖がって噛みつくようなことになってしまいます。

 

こうならないためにも、仔犬の頃から常に全身を触り、嫌がらないように、どこを触られても平気なようにしておくことが大切になります。

 

触る時は、まず触られると喜ぶ、首やお腹からスタートしていくといいと思います。

 

その延長で、脇の下や、腿の内側などを少しずつゆっくりと優しくマッサージするようにしていきましょう。

 

この時、いきなり鷲掴みにしたり、力を入れてしまうと、仔犬でも嫌がって暴れることがあるので、急に触って驚かせたりしないようにしましょう。

 

仔犬の頃に嫌な思いをさせると、成犬になってからも極端に嫌がるようになってしまうので、十分注意しましょう。

 

まずは、遊びながらスキンシップを取り、体を触らせるのに慣れさせる事からスタートしてみましょう。