パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

夏場は暑さ対策をする

 

夏場は室内にいる場合でも、クーラーをつけているからと安心できないこともあります。

 

サークルやケージに入れている場合、犬のいる場所が日当たりがいい時、そこだけ温度が上昇しています。

 

サークルにいても、扉があいていて、逃げ場があれば犬は涼しいところに避難できますが、留守番をさせている場合には注意しましょう。

 

そのままにしておくと、犬も室内で熱中症になってしまい大変危険です。

 

日が当たるとわかっているなら、カーテンや仕切りなどで日が当らないようにしてあげましょう。

 

また、夏の時期には、お散歩の時間も考えてあげないといけません。

 

日中の日が高い時間には外に出ただけでも暑さで参ってしまいそうですね。

 

アスファルトも相当熱くなっていますし、照り返しもきつくなります。

 

人間でさえ暑くて参ってしまうのに、地面に近い犬はさらに参ってしまいます。

 

熱いアスファルトの上を裸足で歩くようなものですから、やけどをしてしまいます。

 

試しに、飼い主さんも裸足で歩いてみてください。

 

おそらく熱くて歩けないでしょう。

 

そんなところで、犬を歩かせるわけにはいきませんね。

 

夏の間は、比較的涼しい早朝や、日が落ちてからお散歩に行くようにしましょう。

 

涼しい時間帯でも、途中で水分補給できるように携帯用のお水入れを持って行くと便利です。

 

夏場は暑さ対策をすることも考えてあげてくださいね。