パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

耳垢に注意する

 

パピヨンは多くの場合、立ち耳ですが、中には耳が垂れている子もいますね。

 

耳の形に関係なく、耳掃除は定期的に行ってあげるようにしましょう。

 

仔犬の時には、耳ダニがいることも珍しくありません。

 

この場合は、真っ黒く臭い耳垢がたまっていて、耳垢の中にダニもいるので、きちんとした治療が必要になります。

 

ペットショップから仔犬を購入する場合は、耳にダニがいることも多いので、仔犬を迎え入れたら最初の健康診断の時に、耳の状態も見てもらうといいですね。

 

ダニがいる場合は、顕微鏡で見せてくれるところもあります。

 

獣医師の指示に従って、適切な治療をすれば完治します。

 

この他にも、常に耳は清潔にしておきたいですね。

 

耳掃除をする時、綿棒を使うと、やり方が悪いと耳垢を奥に押し込んでしまう事になるので、耳掃除をする時は、洗浄液を使うのがオススメです。

 

わからない場合は、動物病院でも耳掃除をしてもらえますし、洗浄液も分けてもらえると思うので、聞いてみてください。

 

トリミングに出す場合にも、爪切りと耳掃除を一緒にやってもらえるので、お願いしておくといいでしょう。

 

普段は洗浄液やイヤークリーナーを清潔なガーゼやコットンにしみ込ませて、軽く拭き取るだけでもOKです。

 

常に耳垢が溜まっていると、外耳炎や、内耳炎といった耳の病気にもなりやすいので、耳は常に清潔にしておきましょう。