パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

人が食べるものは与えない

 

仔犬のうちから人が食べるものは与えないことを習慣にしておきましょう。

 

飼い主さんが何か食べていると、「何を食べているの?」とばかりに近くに寄ってきて、鼻をクンクンさせたり、尻尾を振って催促したりすることもあるかもしれません。

 

この時、つい甘やかして飼い主さんの食べている物を与えてしまうと、それが当たり前になってしまいます。

 

しつけの点でもこれは良くないことですし、人間の食べ物は犬にとっては毒になる場合もあるので、仔犬の時から徹底しておきましょう。

 

人間が美味しいと感じる味付けは、犬には必要のないものばかりになります。

 

塩分、糖分、脂質などどれも犬にとっては多すぎるし濃すぎるので、人の食べるものは与えないようにしましょう。

 

人間の食べ物を食べていると、糖尿病などの病気になる可能性もあります。

 

本当に犬を大切に可愛いと思うなら、むやみに人の食べるものは与えない方がいいですね。

 

人の食べるものを与えるのが当たり前になっていると、突然やめた場合に犬も拗ねてしまう事があります。

 

わざといたずらをしたり、トイレ以外のところにトイレをしたりといった問題行動を起こすこともあるので、最初から与えないように習慣にしておくことも大切です。

 

今はドッグフードの質も、かなり良くなってきています。

 

きちんと十分な量を食べていれば、他の食べ物は必要ありません。

 

とはいっても犬も飽きてしまう事もあるでしょう。

 

そういう時は犬用のおやつをあげればいいんです。

 

できれば、添加物や保存料などが使われていないおやつをあげましょう。

 

 

可愛いからと言って甘やかすのではく、人と犬が食べる物を区別するようにしましょう。

 

それが愛犬の健康維持にもつながります。