パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

フードはふやかして与える

 

仔犬もお母さんのお乳から少しずつ離乳していきますね。

 

最初はペースト状にしたドッグフードや、犬用の離乳食などを食べさせますが、徐々にドッグフードをふやかした物を食べられるようになって来ます。

 

ふやかす時に、犬用のミルクでふやかしたり、お湯や水だけでふやかしたりと方法も色々ですね。

 

仔犬を譲り受ける時に、柔らかくふやかしたものを食べさせていたのなら、数日は同じようにして食べさせるといいですね。

 

でも、歯が生えてきているのなら硬いフードも食べられるようになってきますので、少しずつ硬さを調節しながら硬いものにしていくといいと思います。

 

フードをふやかすとき、最初から水や冷たいミルクを入れてふやかすと、芯まで柔らかくなります。

 

硬さを変えて徐々に硬くしていく場合は、最初からお湯など温度の高いものを入れると、周りだけふやけて、芯は少し硬さが残った状態になります。

 

ふやかす時間を短くしていけば、中の硬い部分も多く残っているので硬さを調節したい時は、ふやかす時に使う水の温度を考えればOKです。

 

歯が生え始めている時は、少し柔らかめにして、生えそろう頃までに完全に硬くしていけばいいと思います。

 

カリカリのフードを食べられるようになれば、ウンチもコロコロとした良いウンチをするようになります。

 

いきなり硬くしてしまうと消化が追いつかない場合もあるので、様子を見ながら硬さを変えていきましょう。