パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

仔犬の食事回数と時間

 

仔犬をペットショップで購入した場合は、食事の回数を1日2回で良いと言われるようですね。

 

これは私個人の考え方ですが、育ち盛りの仔犬に1日2回の食事というのはあまり賛成できません。

 

人間の赤ちゃん出考えた時、ミルクを1日2回でいいと言われて、そのまま実行する人がいるでしょうか?

 

確かに犬と人間では違いますが、犬だからといって食事の回数が1日2回では少なすぎる気がします。

 

最初のうちは、お腹の様子を見ながら欲しがるだけ食べさせてもいいと思っていますし、実際に私はそうしてきました。

 

もちろん、これをずっと続けていたら肥満犬になってしまうので、ある程度の時期まではという事です。

 

だいたいの目安としては、仔犬のうちは最低でも1日3回〜4回は食べさせてあげたいですね。

 

仔犬に必要な1日の量を3回〜4回に分けて食べさせるので、一度にたくさん食べさせるわけではありません。

 

だいたい目安を決めて食べさせていき、ウンチが柔らかく、最後にゼリー状のウンチが出ている時は食べ過ぎなので少し減らします。

 

食事が終わってもいつまでも食器をペロペロと舐めていたり、食事の間にお腹がすきすぎて黄色い胃液や、泡を吐くようなら食事が足りていないので、少し増やせばいいんです。

 

食事の時間は、人間の食事の時間とだいたい同じでいいでしょう。

 

成長に合わせて最終的に3回にしていき、量も決まってくると思うので、それを続けるといった感じでいいと思います。

 

あまり神経質に考えすぎず、仔犬の様子を見ながら決めて行きましょう。