パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

電車で迎えに行く時に必要なもの

 

できれば車で行った方が他の人の目を気にせず済みますし、好きな時に休憩も取れるのでオススメですが、どうしても車で行けない場合は、電車で迎えに行くことになりますね。

 

この時は、キャリーケースが便利だと思います。

 

肩にかけてファスナーで開け閉めするタイプのものなら、人が少ない場合に、顔だけ出してあげたりもできるので、肩にかけて持ち運びできるものが便利だと思います。

 

万が一、中でおしっこなどをしてしまった場合に備えて、ペットシーツを敷いておくといいでしょう。

 

ペットシーツも余分に何枚か持っておくといいと思います。

 

一応、念のためにペット用のウェットティッシュやタオルも用意しておくといいですね。

 

鳴いた場合には、バッグの中に手を入れて安心させることもできますのでオススメです。

 

それと、電車に乗る時の注意なのですが、当然ラッシュ時のような時間帯は避けるようしましょう。

 

人が少ない時間帯がオススメです。

 

電車にも路線や地域によっては、犬を乗せてはいけないという区域もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

大抵の場合は、決められた料金を払い、周りに迷惑をかけないように、キャリーケースに入れておくという条件ならば電車に乗ることもできると思います。

 

どうしてもダメな場合は、そこだけバスかタクシーを使うといいかもしれませんね。

 

電車で迎えに行く場合は、色々と大変なこともあると思うので、できれば1人ではなく誰かについていってもらった方がいいと思います。