パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの仔犬に異常がないか確認する

 

仔犬を購入する前に、まず仔犬の健康状態をきちんと確認することが大切です。

 

目ヤニが異常に出ていないか、毛ツヤはいいか、適度に太っているか。

 

ガリガリに痩せてあばら骨が見えているような仔犬は、見た目にも健康的とは言えませんね。

 

鼻水を垂らしていないか、くしゃみや咳をしていないか、耳の中はキレイにしてあるかなどなど、確認しておきたいことはたくさんあります。

 

一見太っているように見えてもお腹に寄生虫などがいる場合は、他は痩せているのに、お腹だけ以上に膨らんでいます。

 

仔犬の状態を見る時には、そういう点にも注意して見ておくといいですね。

 

また、パピヨンはとても足が細く、ちょっとしたことでも怪我をしやすい犬種です。

 

仔犬の場合、遺伝で股関節が弱かったり、色々な病気にもなりやすいので、仔犬の歩き方や、足の状態もよく見ておきましょう。

 

仔犬のうちは症状が出ずに判断できない場合もありますが、可能ならば、両親犬や先祖にそういう病気を持っている犬がいないかどうかも確かめておくといいですね。

 

生後2ヶ月前後では、判断できない部分もありますが、見た目で健康状態をある程度判断できますので、どういう風に見極めればいいかも知っておくといいと思います。

 

中にはとてもおとなしく、一見元気がないように見える仔犬もいますが、先ほどあげた健康状態をできるだけ細かくチェックして、仔犬に異常がないか確認することも大切なことと覚えておいてくださいね。