パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの血統書

 

どの犬種も純血種であれば、血統書が発行されます。

 

犬の身分証明書のようなものと思っておくといいですね。

 

血統書には、犬種、犬の名前、登録番号、性別、毛色、同時に産まれた頭数などが記載されています。

 

この他に、両親、祖父母、曾父母の名前なども書いてあるので、家系図のような見方もできます。

 

血統書に記載されている名前は、主に犬舎の名前やちょっと難しい名前になっていることが多いですね。

 

普段呼ぶ名前をつけることもできますが、大抵は繁殖者が付けるので、血統書の名前はそれほど気にすることはないと思います。

 

また、犬種によってはカラーも繁殖者がその時の見た目で登録するので、成長したらちょっと雰囲気が変わることがあります。

 

こればかりは、その時の色や受け取り方にもよるので、必ずしも一致しているとはいえないこともありますが、よくあることなので気にすることはないと思います。

 

パピヨンの血統書の場合は、犬種は「PAPILLON」になっています。

 

ただし、血統書の出番というのはあまりないと思います。

 

繁殖する時に必要になることもありますが、普通に生活していく上で血統書を持参したり、見せる必要はほとんどないので、私も最初に貰った時にしか見ていません。

 

ただ、先祖の名前や毛色などもわかるので、そういう意味で眺めてニンマリするのはいいかもしれませんね(笑)

 

海外では、立ち耳のパピヨンと、たれ耳のファーレヌまたは、ファーレンと区別しているところもあるようですが、日本では耳の形に関係なく、全てパピヨンとされています。