パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンは何キロ以上太ったら肥満ですか?

 

パピヨンが何キロ以上太ったら肥満になるのかについては、個体差がありますので、一概には言えません。

 

パピヨンのスタンダードの基準は、体高が28センチまでとされているだけなので、体高によっても体重が変わってくることになります。

 

実際、散歩に行ったり、ドッグラン、ドッグカフェに行った時、色々な大きさ(体高)のパピヨンを見かけます。

 

人間で考えた時、身長が180センチの人と、150センチの人が同じ体重だったらどう思いますか?

 

150センチの人が極端に太っているか、180センチの人がかなり痩せているかのどちらかになりますね。

 

パピヨンにもこれを当てはめて考えると、意外とわかりやすいと思います。

 

体高28センチのパピヨンの体重は、平均で言えば4kg〜5kgくらいになります。

 

体高20センチほどのパピヨンなら、体重は2kg〜3kgくらいになるでしょう。

 

一応パピヨンの理想体重は、4kg〜5kgとされていますが、これは体高を28センチとして考えた場合です。

 

つまり、パピヨンの体高によってべスト体重も変わってくるという事になりますね。

 

同じ4kg〜5kgの体重でも、体高が20センチにも満たない小さめのパピヨンだった時、その子は肥満気味という事になってしまいます。

 

肥満の目安は体重だけでなく、見た目や触った感触でも確認できます。

 

上から見た時、ウエストのくびれがなく下半身が丸くなっていたら、やや肥満気味かもしれません。

 

背骨や、肋骨を触ろうとしても脂肪があって、骨を感じることができない時も肥満気味です。

 

その子の体高からべスト体重を見極め、それ以上太って来た時に、見た目や感触で肥満と見極めていけばいいと思います。