パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの自家繁殖

 

まず、どんな理由でパピヨンの自家繁殖させたいのかを考えてほしいと思います。

 

ただ可愛い愛犬の仔犬を見てみたいから、という理由がほとんどだと思います。

 

もしも、適当に仔犬を産ませてお小遣い稼ぎしようなんて思っている人がいたら、資格もなしに犬を販売したら法律違反になり、それなりの罰を受けなければいけないという事をよく覚えておいてください。

 

お小遣い稼ぎでパピヨンの自家繁殖はできません。

 

これはパピヨンに限らず、どの犬種でも同じです。

 

友人や知り合い、親戚がうちの子の仔犬を欲しがっている、なんて理由でパピヨンの自家繁殖をさせたいと思う人もいるかもしれません。

 

もしも、パピヨンの自家繁殖をしようと思うなら、まずはその犬種についてよく勉強して下さい。

 

その犬の資質、性格、かかりやすい病気、遺伝性の病気は特にそうですね。

 

そして、血統書を確認して、自分の犬に遺伝性の病気がないかどうかを十分に確認しておくことも大切です。

 

遺伝性の病気は、必ず仔犬に遺伝します。

 

何らかの遺伝性の病気を持っている、あるいは両親や祖先にその病気を持っている犬がいた場合は、繁殖させてはいけない犬であると理解してほしいと思います。

 

また、これらの条件をクリアしている場合でも、交配させたら後は、放っておけばいいというわけにはいきません。

 

出産までの間に、準備をしなければいけないこと、やっておかなければいけないことは山ほどあります。

 

犬だって出産する時には、命がけです。

 

仔犬を産ませた場合には、母犬と一緒になって、飼い主さんも子育てを手伝わなければいけませんので、仕事で家にいられない人は、まず無理でしょう。

 

パピヨンの自家繁殖は、簡単ではないということですね。