パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの値段が安い場合と高い場合の違いは何ですか?

 

同じパピヨンの仔犬でも極端に値段が安い場合と高い場合がありますね。

 

パピヨンの仔犬の値段相場は約10〜30万円と幅広い価格帯となっています。

 

何故、パピヨンの仔犬の値段にこのような違いがあるのでしょうか?

 

パピヨンの仔犬に限らず、仔犬の値段は購入方法、性別、血統、毛色、毛並み、年齢、体型、顔立ちなど様々な条件によって決まります。

 

一般的にペットショップで買う方が高くなり、ブリーダーから譲り受ける場合は安くなります。

 

また、最近増えてきている仔犬販売のネットショップは安い傾向にあります。

 

店舗を構える必要がないので、その分、経費を抑えられるため、安い価格でパピヨンの仔犬を販売することが可能になります。

 

仔犬販売のネットショップと言っても、実際に犬に会いに行けるのなら会ってみて決めればいいと思いますが、犬に会いもせず値段だけで決めてしまうのは、あまりオススメできません。

 

パピヨンの仔犬の家系にチャンピオン犬がいる場合は、値段が高くなる傾向があります。

 

基本的に良い血筋の仔犬は高い値段になると言われています。

 

ただし、チャンピオン犬の家系だとしても、必ずしも良い犬であるという保証はありません。

 

値段が高いから良い犬であるとも言い切れませんが、一般的には良い血筋の仔犬は高く売られることが多いようですね。

 

また、オスとメスでは少しだけメスの方が高くなります。

 

メスのパピヨンは子供が産めるので、少し高い値段で設定されていることが多いです。

 

パピヨンの値段にも色々ありますが、あまりにも安すぎる場合には、なぜ安いのかを考えてみましょう。

 

考えられる理由としては、色々あります。

 

例えば、売れ残ってしまい大きくなっているパピヨンの場合に、安い値段で売られることがあります。

 

100%そうだと言い切れない部分もありますが、安い犬の場合には弱い犬だったり、病気がちの犬である可能性もあると思っておきましょう。

 

遺伝性の疾患などを持っている可能性があります。

 

一番大切なのは、値段で決めるのではなく、直接仔犬に会いに行って決めることだと思っています。

 

パピヨンの仔犬を購入する前に、ペットショップの店員さんやブリーダーさんになぜ値段が安いのか、高いのか、健康状態に問題はないかなどきちんと確認するようにしましょう。