パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの適生価格はいくらですか?

 

パピヨンの価格に関しては、血統、容姿、性別、年齢、見た目、カラー、どこで買うかなど様々な条件にによって大きく変わってきます。

 

そのため、はっきりとしたパピヨンの適生価格は決まっていません。

 

また、パピヨンは小型犬の中でも人気のある犬種なので、流行に左右されず安定した人気を誇っています。

 

大流行して価格が跳ね上がり、ブームが去って価格が大幅に下がる、というようなことがありません。

 

一般的にはペットショップで購入する方が高く、ブリーダーから直接購入する方が安くなると言われています。

 

その理由はいくつかありますが、ペットショップはブリーダーから仔犬を仕入れるするため、値段が高くなります。

 

また、仕入れの値段以外に、卸業者の仲介料や店舗の家賃、運営費、人件費などもかかるため、高くなるようです。

 

ブリーダーはペットショップに比べて人件費などを抑えることができるため、値段が安く買える場合が多いです。

 

ペットショップに売られているパピヨンといっても、値段には色々ありますので、適正価格を調べるのは難しいですね。

 

インターネットでパピヨンの価格を調べてみましたが、10万円台〜25万円台と幅広い価格になっていました。

 

ブリーダーの価格も調べてみましたが、ブリーダーにも色々あるので、10万円台〜30万円台と幅広い価格帯になっていました。

 

家系にチャンピオンがいると、値段も高くなる傾向にあります。

 

適正価格と言えるかどうかはわかりませんが、見た限りでは10万円前後が平均的な価格になると思います。

 

また、一般的に生後2ヶ月までの仔犬のパピヨンは高くなっています。

 

生後2ヶ月以降は、パピヨンの値段が徐々に下がります。

 

ちなみに、これはパピヨンに限らず、どの犬種にも言えることです。

 

仔犬の健康状態などは実際に仔犬を見てみないことにはわからないので、値段だけでは決めれないこともあります。

 

安いから悪い犬、高いから良い犬と決めつけることもできません。

 

まずは仔犬を実際に自分の目で見て、健康状態などを確かめてから買って下さい。