パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンのオスとメスはどちらが飼いやすいですか?

 

パピヨンのオスとメスはどちらが飼いやすいかついては、飼う人の好みや環境なども関係してくると思います。

 

犬にも個体差があり、これはどの犬種にも当てはまることであり、パピヨンも同じです。

 

一般的には、オスは性格が大人しく、おっとりしていて飼いやすいと言われています。

 

メスは気が強い部分もあるものの、明るく元気いっぱいで好奇心も旺盛だと言われることが多いかもしれません。

 

しかし、あくまでも一般的な意見であり、全く正反対のケースもあるので参考程度に思ってください。

 

メスの場合は、生理がありますのでその時期は散歩を控えたり、部屋が汚れるといった部分もあります。

 

生理の時だけおむつをするか、生理用パンツをはかせることで対処はできます。

 

オスの場合も、習性でおしっこを引っ掛けて歩くマーキングをするので、トイレのしつけはしっかりとしておかないといけません。

 

この場合は、去勢手術をすることで解決する場合もあります。

 

手術は可哀そうと思うかもしれませんが、将来的な病気予防にもつながるので、繁殖させないのであれば、一度は考える必要のあることと覚えておいてください。

 

参考までに、我が家のワンコたちは、どちらかというとメスの方が気が強く、オスの方がおっとりしている気がします。

 

何かあった時、真っ先に駆けつけたり、吠えたりするのはメスで、オスはというと、後ろの方でそっと様子をうかがうようなそぶりを見せています(笑)