パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンとプードルのミックス

 

ミックス犬の場合は、血統書が発行されないので、ある程度自由に呼び名を決めることができます。

 

パピヨンとプードルのミックスの場合、あまり例がなかったのですが、パピプー、プーパピなどと呼んでおきましょう。

 

パピヨンとプードルのミックスの場合は、両方の毛質が全く違いますね。

 

色々と調べてみたのですが、プードルのカールしている毛が出ることが多い気がします。

 

見た目もほとんどプードルのような雰囲気ですね。

 

ミックス犬は産まれて来るまでどんな子犬かわからないものの、パピプーの場合は、外見にプードルが強く出ている子が多いみたいです。

 

プードルと他の犬種のミックス犬の場合は、ほとんどがプードルのカールしている毛になるので、この場合もそうなのかもしれませんね。

 

パピヨンとプードルのミックスだと知らなければ、プードルだと思ってしまうほど、見た目はプードルでとても可愛らしいです。

 

シングルコートで抜け毛が少ないという部分は同じですが、毛質がストレートとカールと言うように全く違ってくるので、トリミングは必要になってくると思います。

 

仔犬の頃は少なくても成犬になるにつれて、カールも強く出てくるようなので、毛のお手入れに関しては、プードルと同じように手間も費用もかかると思っておくといいでしょう。