パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンとキャバリアのミックス

 

ここ最近、小型犬の異種交配が流行っているのでしょうか?

 

パピヨンとキャバリアのミックスのように、あえて異種同士を交配させているミックス犬の人気が高まっているようです。

 

パピヨンとキャバリアのミックスも人気のあるミックス犬のようですね。

 

しかし、元々両親犬が血統書のある純血種であっても、異種犬の間に生まれた子犬はミックスです。

 

つまり、言い方は悪くなってしまいますが、雑種扱いになるので、血統書は発行されません。

 

両親犬のどちらかがチャンピオン犬であっても同じです。

 

中には、両親犬の良いとこ取りで、とても可愛らしい外見の仔犬もいますが、一方では、あまり可愛くない仔犬が産まれる可能性もあるという事を覚えておきましょう。

 

パピヨンとキャバリアのミックスの場合は、海外ではファーレンと呼ばれているたれ耳のパピヨンのように見えたり、小ぶりのキャバリアのようだったりと、可愛い仔犬もいます。

 

よく雑種は強いと言われるので、勘違いをしている人もいるようですが、必ずしも強い仔犬が産まれると言う訳ではありません。

 

強い雑種というのは、日本犬の柴犬に近い、何代にもわたって淘汰された犬の場合を言います。

 

もしも、両親犬のどちらかに遺伝性の病気があった場合には、確実に病気も遺伝しますし、場合によっては弱い仔犬が産まれる可能性もあるのです。

 

見た目の可愛さや興味本位で、あえてミックス犬を作るようなことは避けてほしいですね。