パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

熱中症の対処法

 

犬も人間と同じように、熱中症になることがあります。

 

例えば、クーラーをかけている室内でサークルの中に入れてお留守番をさせていた時、サークルのある場所に直射日光が当たっていたとします。

 

クーラーをかけていても、直射日光が当たる場所は温度が高くなりますし、サークルから自由に出入りできない場合は、温度の高い場所に長時間置かれることになるので、犬は逃げ場がなく熱中症になることがあるのです。

 

車の中に入れたままスーパーで買い物をしたりするのも危険です。

 

短時間でも夏は温度が急に上昇するので、そういう危険な環境に置かないという事も大切ですね。

 

炎天下に散歩にいった場合もそうです。

 

熱いアスファルトに近い犬は、モロに暑さの影響を受けますし、太陽に照らされて高温になったアスファルトの上を裸足で歩いているのと同じ状態なので、やけどをさせてしまう危険もあります。

 

もしも、注意していても熱中症になってしまった場合には、まず全身を冷やしてあげましょう。

 

全身にシャワーで水をかけ、その上からタオルをかけ、さらに水をかけます。

 

体を触って熱が高いと感じたら、脇の下や、腿の内側、首の後ろを、保冷材や、氷をビニール袋に入れたり、冷凍庫にある冷凍食品でも何でもかまいません、直接あてて冷やしてあげます。

 

この時、スポーツドリンクや食塩水を飲ませてあげるといいですね。

 

これはあくまでも応急処置なので、落ち着いたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

もしも意識がもうろうとしていたり、意識を失っている場合は、冷やしながら一刻も早く動物病院に連れて行き、適切な処置を受けてください。