パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

セカンドオピニオンの重要性

 

愛犬が病気になり、何かの診断をされた場合、果たしてそれを全て信頼でるのでしょうか?

 

全ての診察結果を疑っていてはキリがありませんが、中には納得のいかない結果が出ることもあるかもしれません。

 

こんな時、他の先生はどういう診断をするのだろうと、思う事はありませんか?

 

人間の場合でもそうですね。

 

一人の医師の意見だけで決めるのではなく、複数の意思に意見を求めることも時には大切になります。

 

これが、セカンドオピニオンの重要性と考えています。

 

実際に、最初に出た診断結果と、全く違う結果が出るという事もあるくらいですから、こういう場合は、セカンドオピニオンの重要性を実感してしまいますね。

 

特に、病気が深刻であるほど、セカンドオピニオンの重要性も出てくると思うのです。

 

獣医師にも色々な考えがあり、治療方針も人によって違ってくる場合もあります。

 

患者(飼い主さん)側は、いくつかある治療方針や意見を聞き、それを選ぶ権利もあるのですから、納得のいくまで複数の獣医師に話を聞くのも当然の権利という事になります。

 

しかし、こればかりは最終的に決めるのは、飼い主さんなので、自分で納得し最善と思える方法を選んであげてほしいと思います。

 

なんとなくかかりつけの先生を裏切るようで、心苦しい部分もあるにはありますが、愛犬にとって何が一番ベストなのかも、よく考えてあげたいと思います。