パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

膿皮症

 

膿皮症は、犬の皮膚にブドウ球菌と言った細菌が付くことで起こる一種の皮膚病です。

 

主に、皮膚が赤くなったり、赤い湿疹ができたり、脱毛、かさぶたなどができる場合もあります。

 

当然、痒みもあるので、犬も気にして常に引っ掻くことで炎症を酷くしてしまう事もあります。

 

膿皮症は主に顔や指の間に症状が出るので、常に皮膚の状態などをチェックしておくようにしましょう。

 

栄養バランスが乱れた時に免疫力の低下からブドウ球菌に感染しやすくなることもあると言われています。

 

毎日の食事管理も注意が必要になってきますね。

 

また、飼育環境も常に清潔にしておくことを心がけましょう。

 

シャンプーの成分が原因になることもあるので、体質に合ったシャンプーを選んであげることも大切です。

 

洗いすぎも、膿皮症の原因になることがあるので、シャンプーの頻度も考えてあげてください。

 

主な治療法としては、細菌に対する治療を行います。

 

抗生物質を投与したり、薬用シャンプーで皮膚の炎症を鎮め、清潔にしていくようにします。

 

膿皮症になる場合、他の病気が引き金になっている事もあるので、そういう場合には、他の病気の治療も同時に行う必要があります。

 

細菌感染が皮膚の奥まで達すると、膿を持ったり、痛みを伴ったり、発熱する場合もありますので、日頃からの飼育環境の管理もしっかりと行って行きましょう。