パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

ノミアレルギー皮膚炎

 

ノミアレルギー皮膚炎とは、その名の通り、ノミに対してアレルギーがあり痒みや炎症を伴う病気です。

 

犬につくノミは、主に腰から尻尾の辺りに多いと言われています。

 

ノミアレルギー皮膚炎になった場合には、まずこの部分に症状が表れてきます。

 

ノミが原因でアレルギーを起こすので、当然痒みを伴うので、犬はしきりに腰や尻尾の辺りをかくようになります。

 

足で引っ掻くこともあれば、口で痒い部分を舐めたり噛んだりするようになります。

 

皮膚が赤くなり、湿疹なども出ますので、引っ掻いたり、噛んだりすることで、さらに炎症が酷くなり、膿皮症を起こすこともあります。

 

さらに酷くなると、アレルギーを起こした部分の毛が抜け、皮膚も色素沈着したり、厚く硬くなってきます。

 

これはノミそのものが原因になっているのですが、ノミの唾液やノミと接触することでアレルギー反応を起こす場合もあります。

 

治療法は、アレルゲンであるノミの駆除が一番効果的です。

 

それと同時に、皮膚の炎症や痒みを鎮める治療も行って行きます。

 

ノミアレルギー皮膚炎になった場合には、室内の清掃も徹底しておきましょう。

 

また、定期的なノミの予防も大切になります。

 

動物病院に行けば駆除薬を処方してもらえるので、一度相談してみるといいでしょう。

 

専用の駆除薬なら持続性もあり、ノミ予防だけでなくノミの卵、幼虫、さなぎなどにも効果があるのでオススメですよ。