パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

毛包虫症(アカルス)

 

毛包虫症は、アカラス症、ニキビダニ症とも言われている犬の皮膚病です。

 

毛包虫症は母犬からの母体感染になるのですが、ほとんどの犬に元々寄生しているものです。

 

通常の健康状態であれば、特に何の症状も出ないので、問題ありません。

 

しかし、何らかの原因で免疫力が低下した時、この毛包虫が異常増殖してしまい皮膚病となって表れてきます。

 

全身、局所と症状が出る部分も個体差がありますが、脱毛、フケ、皮膚の赤みや痒みといった症状が出ます。

 

痒みがあるので、犬も痒がりますし、引っ掻くことで皮膚の炎症も酷くなり、細菌感染などで二次感染を起こすと、膿を持って腫れてしまったり、出血を伴うようになってしまいます。

 

見ているだけでも辛そうな症状なので、早いうちに徹底的に治療をする必要があります。

 

主に、若い犬に多くみられるので、早いうちに治療を開始するのが良いと言われています。

 

ただし、毛包虫症は完治するまでに時間もかかりますので、治療にも飼い主さんの協力が欠かせません。

 

まず、駆虫薬などでニキビダニを駆除していきます。

 

同時に薬用シャンプーで全身を清潔に洗ったり、薬浴をする治療も行って行きます。

 

飼い主さんも大変になりますが、一番つらい思いをするのは犬自身です。

 

ストレスが原因で免疫力が低下する場合などもあるので、毛包虫症になるような原因をできるだけ取り除いてあげる事も考えてあげたいですね。