パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

栄養性二次性上皮小体機能亢進症

 

栄養性二次性上皮小体機能亢進症って、なんだかとても長く難しい病名ですね。

 

簡単にわかりやすくいうとしたら、これはクル病です。

 

こう言えば、とてもわかりやすいですね。

 

要するに成長期の栄養が必要な時に、しっかりと十分な栄養素を摂っていないとなってしまう病気です。

 

今はドッグフードの質も昔に比べてかなり良くなってきていますので、あまり多くはありません。

 

一昔前は、ドッグフードの質も今と比べてあまりよくなかったことと、犬には残飯を食べさせていたこともありましたね。

 

この場合は、カルシウムやリンなど犬が成長していくために必要な栄養素が十分でなく、栄養バランスがかなり偏ってしまいます。

 

カルシウムやビタミンDなどもそうですね。

 

犬の成長に必要な栄養素が足りていないと、栄養性二次性上皮小体機能亢進症になってしまうのです。

 

犬は元々肉食ですので、昔のように人間と同じ食べ物を食べていると、栄養バランスが極端に偏ってしまうのですね。

 

今はドッグフードの質もかなりよくなってきていますし、栄養バランスも昔とは比べ物にならないくらい整っています。

 

アレルギーなどで、手作りご飯をあげている場合も、どうしても犬に必要な栄養バランスが取れず、偏ってしまう事があります。

 

この場合は、カルシウムや、ビタミンDをサプリメントなどで補ってあげるといいでしょう。