パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

膝蓋骨脱臼(パテラ)

 

膝蓋骨脱臼はパテラとも呼ばれています。

 

この病気は、膝のお皿が何らかの原因でずれてしまう状態になります。

 

症状にも色々あり、軽い場合は無症状で、最初はほとんど気付かない場合も多いようですね。

 

ただし、膝のお皿が外れたり、ずれたりした状態のままにしておけば、当然症状も進行していきますし、場合によっては骨が変形して、歩けなくなってしまう事も考えられます。

 

パピヨンは足が細くとても繊細なので、ちょっとした衝撃などでも膝蓋骨脱臼になりやすいので注意が必要です。

 

室内で生活している犬に多い病気と言ってもいいかもしれません。

 

どうしてもフローリングの上では、すべりやすくなってしまいますね。

 

遊びに夢中になって急に走り出し、転んでしまったり、急激な方向転換、高いところからのジャンプなどでも、膝蓋骨脱臼になることがあります。

 

後天性の場合も多い一方で、先天性の遺伝によるものも多くなっています。

 

この病気も遺伝するので、繁殖の時には事前に確認しておくことが大切になります。

 

治療としては、症状が軽い場合は、手で元に戻してあげることもできますが、ずれやすくなっているので、最終的には手術で正常な位置に戻す必要が出てきます。

 

膝蓋骨脱臼は、早めの治療が大切ですので、手術をする場合もできるだけ早いうちが望ましいと言われています。

 

遺伝の場合は、繁殖をしないことが何よりの予防になります。

 

フローリングの室内では、カーペットやマットを敷いてあげることで、滑りにくくなり、膝蓋骨脱臼の予防にもなりますね。