パピヨンの飼い方・しつけ方・性格・値段

パピヨンの飼育環境

 

パピヨンは、基本的に室内で飼育して下さい。

 

パピヨン以外にも、小型犬、トイドッグと呼ばれる犬種は屋外飼育には向いていません。

 

室内で飼う犬と覚えておきましょう。

 

どうしても、室内で飼育できず、屋外になる場合は、中型犬より大きい犬種を考えた方がいいと思います。

 

住宅事情などもあると思いますが、今は大型犬も室内で生活している方が多いんですよ。

 

とても明るく、フレンドリーな性格なので、飼いやすいのですが、遊ぶ時など、つい楽しくてワンワンと騒いでしまう事もあるので、一戸建ての場合は特に問題ないでしょう。

 

しかし、集合住宅の場合は、無駄吠えのしつけをしっかりとしておいた方がいいでしょう。

 

トイレのしつけも根気よく、仔犬のうちにしっかりとしつけておけば、成犬になってからは室内を自由にさせても問題ないでしょう。

 

ハウスを決めて覚えさせたら、後は自由にしているという飼い主さんも多いようです。

 

とにかく遊ぶことが大好きなので、できれば毎日のお散歩も欠かさずに行いましょう。

 

室内やお庭で十分な運動をさせてあげられるのなら、それでも構いませんが、社会性を身につけるためにも、やはり定期的に外の世界にも連れて行ってあげたいですね。

 

もともと、フレンドリーな性格の犬種ですが、中にはとても繊細で神経質な子もいます。

 

警戒心や、怯えから無駄吠えをすることも多いので、社会性を身につけさせるためにも、お散歩が必要になってきます。